美容室 JUST CUT (ジャストカット)からのお知らせ

【Vol.26】美しい髪を保つためのシャンプー術

2024.06.15

普段のシャンプー方法を気を付けるだけで、髪質改善に良いことをご存知ですか?日常的に行うヘアケアの一環として、シャンプーとトリートメントは非常に重要です。ここでは、自宅で簡単にできる「効果的なシャンプーの方法」について詳しくご紹介します。

1. 入浴前のブラッシングの効果

髪を濡らす前に行うブラッシングは、実は非常に効果的です。髪の根元から毛先までしっかりとブラシを通すことで、髪の汚れやほこりを取り除くことができます。特に、根元を刺激することで、頭皮の毛穴に詰まった汚れや油が浮かび上がりやすくなります。

2. シャンプー前のプレ洗浄

シャンプーを始める前に、髪と頭皮をしっかりとお湯で予洗いしましょう。このプレ洗浄によって、ブラッシングで浮かび上がった汚れや油を効果的に流すことができます。1分間程度の予洗いが理想的です。

3. シャンプーでの頭皮マッサージ

シャンプーを使う際には、指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗いましょう。プレ洗浄で汚れを落とした頭皮をさらに清潔にするために、シャンプーでしっかりと洗浄します。二度洗いをする必要はなく、一回のシャンプーで頭皮と髪は十分にきれいになります。

4. シャンプーのすすぎ方

シャンプー後は、温水でしっかりと泡をすすぎ落とします。指で触ってぬるぬる感が完全になくなるまで流すことが重要です。シャンプーが残ると、頭皮に汚れや臭い、抜け毛の原因となることがありますので、3分間を目安にしっかりとすすぎましょう。

5. トリートメントとコンディショナーの使い方

シャンプー後、髪の水分を軽く絞ってからトリートメントやコンディショナーを使用します。余分な水分を取ることで、トリートメントやコンディショナーが髪にしっかりと浸透します。頭皮にはつけず、髪の中間から毛先にかけてつけることがポイントです。使用量は適量で十分ですが、つける時間を長くすることで効果が高まります。

6. タオルドライでのケア

トリートメントやコンディショナーを洗い流した後は、タオルで髪を乾かします。このとき、髪をゴシゴシこすらずに、タオルを押し当てるようにして水分を取ります。しっかりと水分を取ることで、ドライヤーの使用時間を短縮し、髪へのダメージを軽減できます。


正しいシャンプーの方法、いかがでしたか?日々のケアに少し手間をかけるだけで、髪質が驚くほど改善されます。ぜひ、今日から試してみてくださいね。

◆バックナンバー

2024
2023
2022

過去のお知らせ

全てのお知らせを見る

月別アーカイブ

Links